読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MirO's Life

~海外で若年性乳がん闘病記~  海外在住18年目。 33歳で乳がんを発症しました。 現在治療中です。

Forks over Knives(フォークス・オーバー・ナイブズ)

Forks over Knives(フォークス・オーバー・ナイブズ)というドキュメンタリーをご存知ですか?
私がこの映画を最初に見たのは5年前です。
ビーガンの方が職場にいて、動物性の食品がどのように人に影響するのかという会話からChina Studyという本の話になって、この映画にたどり着きました。

わたしはPescetarian(ペスクタリアン)で肉は食べませんが魚、乳製品は食べていました。
牛乳は嫌いで飲まないのですが、ヨーグルトやチーズは仕事中にも手軽に食べれておやつには丁度良かったです。
その為、乳がんと診断される前は乳製品の摂取が多くなっていた気がします。

映画の内容は動物性食品(特に動物性たんぱく質)・加工食品とがん、糖尿病、心臓病などの病気の関連性を説明しています。
映画ではWhole Foods/Plant Based Dietと言って植物性食品・ほぼビーガンの食生活を推薦しています。

最近この映画をまた見たのですが、映画の中の実験で5%の動物たんぱく質と20%の動物たんぱく質をあたえた2つのグループのネズミを比べたところ、動物たんぱく質20%のグループはがん細胞が増えていたという結果を見た時に乳製品をやめようと決めました。

振り返って思うことはこの映画を最初に見た時に動物性食品(乳製品やWhey Protein)をやめていれば乳がんは防げたのかなぁと時々考えます。