読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MirO's Life

~海外で若年性乳がん闘病記~  海外在住18年目。 33歳で乳がんを発症しました。 現在治療中です。

タモキシフェン(Tamoxifen)を服用し始めて ‐ その後

ホルモン療法 抗がん剤治療

タモキシフェンを服用し始めて早3か月、骨の痛みは軽減されました。

時間が経つにつれて良くなったのか、元が他にあった(他に服用していた薬の副作用が骨の痛み)のかは分かりません。

痛みの元の大半は抗がん剤だと思いますけどね。

11月に先生に会った時にまたタモキシフェンを服用し始めるように言われて、運動をするように勧められました。

その後内科の先生に会い、手の痛みなどを話したところボルタレン入りのクリームを処方してくれました。

手の痛みは朝起きると酷く、指が曲げれなかったり、曲げられても指の関節1つ1つがバラバラに曲がる事があり、日中はマシになるのでリウマチかなぁと思ったのですが、内科の先生に”お湯の中で手を動かす運動をすること。ストレスボールを買いなさい”と言われました。

この日からお風呂でストレスボールを握る運動をし始めて、それに加え、昔小学校の時にミサンガをよく作っていたことを思い出し、また作りだしました。気が付けば手の痛みがよくなっていました。

指先の麻痺もあり、特に右手の人差し指から薬指にかけてお風呂に入っている時に麻痺が酷かったですが、これもストレスボールの運動で良くなりました。

太ももの痛みもほとんどなくなり、残るは膝の痛みだけです。

抗がん剤やホルモン療法での骨など痛みはひどい時もあり、良くならないような感じに最初は思うと思います。

私もそうでした。でも動かしていればきっとよくなります。

 

 

理学療法士 - 2回目の問診・診察

治療後

2016年12月中旬、放射線治療の5週間後に理学療法士の方と会いました。

腕の動き、伸びなどを見てもらって、手術部分の所をマッサージしてもらいました。

放射線治療後は手術部分が硬くなってくるので1日5分押すようにマッサージするといいと言われました。

肌の色も治りが他の人より早いみたいで、ブーストをやったところ以外は色が元に戻っていた為”クリーム何をつかっているの?放射15回くらいの色なんだけど”と言われました。

この方のお母さんが乳がんで7カ月ほど前に治療を完了したらしいのですが、最近やっと肌の色が戻ってきたらしいです。

馬油の事も言いましたが、こちらでは簡単に手に入らないのとネットで買うと送料などで出費があるのも伝えました。

診察の結果は異状なし、腕も問題なく伸ばしたりできる為、リンパ浮腫のリスクは少ないだろうと言われましたが、重いものを持ったりしないように言われました。

私はセンチネルリンパを4つ取っているのでリンパ浮腫になる確率は3~4%です。

”リンパ浮腫になるならもうなっていると思うから、たぶん大丈夫だと思うけど運動もダンベルなどを使う場合は5パウンドまで、腕立て伏せも膝をついてやったり、筋力が戻るまで壁腕立てをたくさんやったりするようにしてね”と言われました。

私はヨガをやっていてプランクポーズが腕立ての部類に入るのですが、ヨガの時そんなに長くプランクをしているわけではないので大丈夫だろうと言われました。

この方のお友達はリンパを2つ取って、治療後に通常運動していたルーティンに戻ったらしいのですが、”手術前は40パウンドのウェイトを持ち上げていたりしたけど、治療後に35パウンドのウェイトを持ち上げたらリンパ浮腫になった”と言っていました。

気をつけないとダメですね。

実は私もダンベルやバンドを使って運動することがあるのですが、この間20パウンドのバンドを使っていて胸に痛みが走ったことがありました。

しばらくは5パウンドで頑張ります。

定期検診で6か月後にまた会いに来るように言われました。