読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MirO's Life

~海外で若年性乳がん闘病記~  海外在住18年目。 33歳で乳がんを発症しました。 現在治療中です。

ガンセンターでの治療終了

2017年2月上旬、ガンセンターから手紙がきて、治療ファイルが内科の先生に移されるという連絡が来ました。

こちらの医療はまず内科の先生が診察し、それから専門の先生を紹介されるというシステムで、私も2016年1月にしこりを見つけた時、内科の先生に診察してもらい、検査結果が陽性であった時点で外科の先生とガンセンターの方に紹介状を送ってもらいました。

放射線治療が2016年11月に終わり、タモキシフェンを服用しているので内科の先生に診療方針を移しても大丈夫だという判断なようです。

手紙には次の事が書かれていました。

  • マンモグラフィーを年1回やること。マンモグラフィー以外の検査は不要。
  • 内科の先生に身体検査をしてもらうこと。最初の2年は年に2回、その後は年に1回。
  • セルフチェックを月1回する。
  • 新しいしこり(はだ、胸)や他の症状が出た場合は直ちに内科の先生に知らせる。
  • エストロゲンが入っている薬は服用しない。
  • タモキシフェンの処方はガンゼンターで無料で提供される。
  • タモキシフェンの副作用:主な副作用はホットフラッシュ。稀に子宮がん、血栓、肺塞栓症。
  • 骨密度検査をやること。
  • リンパ腫の疑いがある場合は内科の先生に連絡する。
  • 更年期障害 ‐ ホルモン療法で更年期障害の症状が出たり、抗がん剤のせいで若年性更年期になることがある。ホットフラッシュが酷い場合はホルモンの入っていない薬で対応できる。他の症状(織物)は産婦人科の先生をを紹介してもらい対応する。
  • 55歳以下で治療後生理が止まっていても更年期というわけではない。
  • ホルモン治療中は妊娠してはいけない。
  • 抗がん剤治療後は妊娠しづらくなることもあるが、妊娠しづらい場合又は妊娠希望の場合は産婦人科と相談する。
  • ライフスタイルの推奨事項: 
  • 適正体重をキープする。
  • 1日30分の運動または最低2.5時間/週の運動をする。
  • 糖分や塩分の多い食べ物、赤肉や加工食品を控える。
  • フルーツ、野菜、穀物、豆の摂取を増やす。
  • ビタミンDの摂取を1日1000-2000IUにする。
  • カルシウムの摂取を1日1000-1200mgにする。(できるだけ食べ物から摂取する)。
  • 骨粗鬆症を予防するためビタミンDwo摂取する。
  • 骨密度が低い場合は、内科の先生に骨粗鬆症の薬を処方したもらう。
  • 飲酒は1日1杯、または週3杯までにする。
  • 外出の際は日焼け止めをつけたりサングラスをする。
  • ガンセンターの患者登録は持続するので、今後何かあれば内科の先生がガンセンターに連絡する。

ガン発覚から1年、やっといろいろと区切りがついた気持ちです。