読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MirO's Life

~海外で若年性乳がん闘病記~  海外在住18年目。 33歳で乳がんを発症しました。 現在治療中です。

放射線治療 ‐ 6週目 

放射線治療6週目、今週は肌の痛みがひどく週の後半には脇の下の皮がむけてきていました。
乳房、乳首は腫れて、乳輪は皮がむけて赤くただれているような感じでした。
夜、肌の痛みで起きるほどで、痛み止めを飲んでいましたがあまり効いていないようでした。
Nu-Gelを使いだしてから皮がむけだしたのですがNu-Gelのせいなのか、治療の過程なのかはよく分かりません。
週の中間で乳房、胸壁、リンパの放射線治療は終わりブースト治療に変わりました。
ブースト治療は手術をしたところに放射線治療をすることで、今までの放射は5回だったのですが、ブースト治療で放射は横と上からの2回に変わりました。
ブーストでも息を止めて治療をするのは変わりません。
今週は問診があり、いつも時間通りに始まらない為待っているとボランティアの方が来て”待っている間新聞とか編み物とかする?塗り絵もあるよ。好きなのを取ってね。家に持って帰っていいから。”と言って、数枚の塗り絵と色鉛筆が入ったジップロックの袋をもらいました。

f:id:miroslifeblog:20161030041204j:plain

問診まで塗り絵をして待っていると、予定より45分遅れで名前が呼ばれました。
先生に皮膚の状態を見せると”う~ん。酷くなってきてるよね。FLAMAZINEを処方するから使ってみて。銀が入っているから手にぬってアレルギー反応がないのを見てから胸に使ってね。”と言われました。
Gracall Baseの他にアロエジェルと馬油を使っていると先生に言うと”馬油?”と聞かれました。
馬油はやけどや切り傷、日焼けなどに日本ではよく使われているのですが、こちらには馬油がないため”大丈夫なの?まぁ肌の痛みが楽になるならいいけどね”と言われました。
”これ以上悪くなる人もいるの?”と聞くと”あなたに今の肌の状態は非常に悪い部類に入るかな。こういう患者さんは毎日見るわけじゃないけど、たまにいるよ”と言いました。
先生は”医療用の下着でブラジャーみたいなのを作れるから看護婦さんに言っておくわ。来週治療が終わるし、普通なら3か月後また来てねっていうんだけど。肌の調子が悪いから来週また会いに来てね。”と言いました。
看護婦さんがきてガーゼと新しいNu-Gelをくれました。看護婦さんが”これ、医療用の下着を切ったものなんだけど、2枚あるからね。これを着るとガーゼが落ちてこないから”と言いました。
マイクロファイバーのボーイショーツの下着を逆さまにして股を切り、足が入るところの外側、上から4,5センチぐらいの所を横から5センチぐらい切ったものでした。もらった物が下の写真の下着です。

f:id:miroslifeblog:20161030041223j:plain
これがなかなか着心地がよく、肌が擦れることもないです。私も安い下着を買ってきて同じように作ってみました。
ちょっと大きめの下着を使った方がいいですね。