読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MirO's Life

~海外で若年性乳がん闘病記~  海外在住18年目。 33歳で乳がんを発症しました。 現在治療中です。

放射線治療 ‐ 1週目

放射線治療

放射線治療1日目。治療のためガンゼンターに行きました。
ガンセンターには9個のユニットがあり放射する部分によって行くユニットが違います。
ちなみに毎回同じユニットで治療が行われます。

着かえて待合室で待つこと10分。名前が呼ばれました。
看護師さんに放射線治療中に整体に行ってもいいか聞くと問題ないと言われました。
ベットに横になり、看護師さんが布を胸にかけてくれました。
機械が動き始め、マイク越しに”息を吸って止めてね”と言われたのでこれを繰り返すこと3回。
看護婦さんが部屋に入ってきて”写真は全部とれたからね。じゃあこれから放射を始めるから”と言い、私は”あれ?まだ始まってなかったのか”と思いました。

放射は真上から2回、斜め上から2回、斜め下から2回、真下から1回の計7回です。
放射部分は左胸、脇、首の下のリンパです。
真上、斜め下、真下は息を5秒ほど止め、斜め上からの放射は息を25秒ほど止めていなければなりません。
治療は全然痛くなく、15分ほどで終わりました。

5時間後、治療した部分が熱くなっているのに気が付きました。
感覚としては皮膚の下に暖かいものがある感じです。日焼けのようになるらしのでアロエのジェルを胸にぬりました。

2日目、前日は治療したところが熱くなっているだけでしたが、この日は焼けるような感じでした。
あと深呼吸すると左のあばら骨に痛みが走ったり、めまいがするようになりました。
治療前に他の患者さんに話しかけられてあとどれぐらい治療するのか聞かれました。
この方はあと5回で終わると言っていました。
髪の毛の話になり、私は結構生えてきているのですが、この方は髪が全然ありませんでした。 
この方は抗がん剤治療が2か月ほど前に終わっているはずなんですけどね。
副作用は人それぞれなんだなぁとつくづく思いました。


3日目、この日は肌が焼けるような感覚はありませんでしたが夕方眠くなり始めました。
お風呂に入っていた時に左胸が痛かったのでお湯がちょっと熱かったみたいです。
あと胸が小さくなってきた気がするのと胸の皮膚が硬くなってきた気もしました。

4日目、この日は理学療法の講習がありました。

miroslifeblog.hatenablog.com
講習に行った後、治療に行きました。
この日の夜、皮膚の色赤くなってきました。

5日目、看護婦さんに肌に色が変わり始めたと言うと”色白の人は色が変わるのが早かったりするよ”と言われました。皮膚の痛み用にクリームはないか看護婦さんに聞くと”痛み止めはないけど保湿クリームをぬって、後は痛み止めを飲んでね”と言いました。
左胸、脇の下はなんとなく硬くなってきている気がしました。
あと、治療してる箇所が縮んできているのか、腕を上に上げると引っ張られるような感じになります。
講習で習ったストレッチをするようになりました。

6日目、7日目は週末で治療がないのですがクリームを毎日ぬっていました。