読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MirO's Life

~海外で若年性乳がん闘病記~  海外在住18年目。 33歳で乳がんを発症しました。 現在治療中です。

ドセタキセルについて

抗がん剤治療 ドセタキセル

抗がん剤の種類や副作用などはネットで検索するといろいろ出てきますが、ガンセンターに行ったとき
使う抗がん剤の副作用に関する資料をもらいました。
もらった資料に書いてある内容は次の通りです。
---------------------------------------
Docetaxel - ドセタキセル
目的:腫瘍の成長や細胞分裂を阻止するためのものです。
投与方法:点滴
副作用:
 ・手足の浮腫み、浮腫みにより体重増加
   対処 - 処方されたデキサメタゾン(Dexamethasone)を飲む。良くならなければ担当医に連絡する。
 ・白血球の低下により感染症、風邪、膀胱炎などになりやすくなる。
   対処 - 手を良く洗う、熱が出たらガンセンターまたはERに連絡。熱や感染  症の疑いがある場合、医者の指示がない限りアセトアミノ フェンは服用しない。
 ・血小板の減少により出血や打撲しやすくなる。
   対処 - 歯を優しく磨く、鼻を強くかまない、便秘にならないようにする やけど、切り傷、
          転倒などに気を付ける、アスピリンなどは服用しない。
 ・脱毛(睫毛、眉毛、体毛を含む)
   対処 - 髪の毛は治療後にまた生えてくるが色や毛質が変わる場合がある、帽子やウィッグ、スカーフなど
          をかぶり頭皮に日光が当たらないようにする。日焼け止めをぬる。
 ・口内炎、口、舌、歯茎の荒れ
   対処 - 医師に連絡する、柔らかい歯ブラシを使う、歯を優しく磨く、炭酸水または重層水で口をゆすぐ。
         マウスウォッシュを処方される場合もある。市販のマウスウォッシュは使わないこと。
         氷を食べると痛みが和らぐことがある。
 ・吐き気、嘔吐
   対処 - 処方された薬を服用する、水分を多めにとる、少ない食事を多めにとる(食事の回数を多くする)
         嘔吐が24時間続く場合は医師に連絡する。
 ・手先や足先の麻痺、しびれ、焼けるような感覚
   対処 - 医師に連絡する。抗がん剤治療後や抗がん剤の投与量を減量すると副作用が軽減されることがある
 ・疲労
   対処 -軽い運動をする。疲れたら休む。
 ・アレルギー反応 (皮膚の痒み、じんましん、発疹、呼吸困難、肌が赤くなる)
   対処 -看護婦さんに知らせる。
 ・関節痛、筋肉の弱り
   対処 -医師・看護婦に連絡。